読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊藤計劃『ハーモニー』

伊藤計劃『ハーモニー』

 夭折した伊藤の第二長編。
 大災禍、ザ・メイルストロムと呼ばれる核戦争後の世界を席巻する生命主義と呼ばれる超高度医療文明に不和を感じる霧慧トァンは、同じくどうしようもない程に生命主義を嫌悪する少女、御冷ミァハに見出だされ、零下堂キアンと共に拒食による自殺を決行する。そしてミァハだけが死亡する。
 十三年が経って、生命主義とそれに対する嫌悪の均衡点を見つけたトァンは、螺旋監察官として戦場に赴き、密輸によって禁止されている煙草や酒をたしなむ。キアンは生命主義の思想に適応した生活を街で送っている。トァンの帰国後、彼女の目の前でキアンは「うん、ごめんね、ミァハ」と言って自害する。六五八二人の人間が同時に自殺を決行していた。

 『ハーモニー』はこのような冒頭で始まる。前作『虐殺器官』では言語がキーになっていたが、本作では意識がメインテーマに据えられている。礼儀や思いやり、優しさが圧力となって人々を支配し、体内の医療用ナノマシンが個人情報をサーバーに送り続けて健康管理を行うユートピアの源流には人間への不信がある。再帰的な疑心とでも書けばいいのか。
 大災禍は恐らく9.11とみられるテロによって始まり、核戦争に発展し、大きな爪痕を残して終結した。ここから生命を社会のリソースとして扱い、優しさの蔓延する生命主義が生まれた。体内のナノマシンによって病気も痛みも身体から駆逐され、老いだけは辛うじて身体に残っているものの生命主義は身体から不健康を駆逐していった。

 また、人間から逐われたシステムは不健康だけではない。
 体内のナノマシンは絶えず宿主の情報を生府に送り続け、個人情報保護の概念が消える。町中を歩けば、どんな仕事をしていて、それはどういう社会的評価を受けているか、どういう生活をしているのかが角膜のデバイスに表示される。ナノマシンが生命主義の柱なのだ。食事や生活スタイルも、最善とされる選択がナノマシンを介して提示される。肥満や痩身といった標準体型から外れることは社会的信用を損なうため、人々は同じ身体、個人差を認めない数値上の健康体をしている。トァンは帰国直後に列車内の誰も彼もがほとんど区別できないということに気付き、愕然とするシーンがある。
 生命主義は大災禍によってむき出しになった自分と異なる他者も駆逐したのだ。全員が同じ思考と生活スタイルならば衝突は起こらず、完全な調和、ハーモニーが奏でられる。というわけだ。

 ハーモニーの和やかな強要によって優しく窒息させられそうなトァンの心理を描くにあたって、また語りのトリックによって、独特の文体が採用されている。ハイパーテキスト文体と表現すべきか。ウィキ程度の情報で読んでくださっている方には申し訳ないけれど、「ハイパーテキスト (hypertext) とは、複数の文書(テキスト)を相互に関連付け、結び付ける仕組みである。「テキストを超える」という意味から"hyper-"(~を超えた) "text"(文書)と名付けられた。」ということらしい。
 その部分を以下に抜き出してみる。
 ミァハたち三人は栄養を摂取しなくなる錠剤を服用し、自殺を試みたが、トァンとキアンだけが生き残る。投薬とカウンセリングを経て快復したトァンの絶望のシーンだ。

「派手な色彩の建築はまかりならん、と誰が法律で定めたわけでもないというのに、そこに広がっているのはひたすらに薄味で、何の個性もなく、それ故に心乱すこともない街だった。どこまでも、ひたすらに、川の両岸を果てしなく。

これは、どうにもならない。

わたしはそこで、ようやくあきらめを学ぶ。」

 一人称は語り手の心情がダイレクトに伝わってくる、という特長がもっとも分かりやすいものの一つだろう。だがこの作品では、トァンの心情は<>でくくられた別の文書として切り分けられ、その文書を引き出しているという形で表現される。
 と様々な感情がラベルつきで語られる。

 八年前のネタバレを気にしたって仕方ないから書いてしまうと、自殺大量自殺と、「隣人を殺さねば汝は死ぬ」の混乱状態を作り出したのは、実は生きていたミァハだった。彼女は全人類の完全なハーモニーのために一連の事件を起こしたのだ。
 そして彼女の目的は達成され、全人類の意識は消失する。そして完全なユートピアで暮らす誰かが、意識の最後の所持者であるトァンの記録されたテクストを読んでいる、ということが明かされて終わる。
 ハイパーテキストによって隔離された感情は、もう感情のない読み手の追体験のためだった。

 この作品は完全なハーモニーが実現されて終わる。社会と個人という手垢のついた対立を見るのならば、個人の消失によって社会に生きる苦しみは消えたのである。トァンは生命主義に押し潰されることもなく、同じように生命主義に馴染めず自殺をする若者もいなくなった。ユートピアは完成した。

 言語とその契約によって人を殺している、というのが『虐殺器官』ならば、意識と欲望の中で生きる人間の完全な幸福は精神の自殺しかない、というのが『ハーモニー』だろう。どちらもが社会や大衆が大きな力を持ち、その中で生きることにシェパードやトァンは不和を抱えている。
 トァンは終盤で魂について言及する。個人の生命を左右する「言語」から始まり、それを操る「意識」を経由して「魂」にたどり着くのだ。遺作、『屍者の帝国』がこの問題に詳しいだろう。